Hokkaido RUSTIC STYLE 懐かしくも新しい北海道の家

モデルハウス見学
スロウルの“ラスティックスタイル”リノベーション

無垢の木材、むき出しの梁、漆喰の壁…
素朴で飾らない自然の持つ温かさが漂う
北海道らしい住空間。
家族との暮らしのこだわりをすべて叶える
スロウルの“ラスティックスタイル”リノベーション。

KIDS

子供がのびのびと育つ環境

子供にとって家は、家族とつながる最も大切な場所。居心地が良く、温かく、開放的で見通しの良い暮らし。屋根裏や、無垢の木に囲まれた空間はまるで秘密基地のよう。庭で植物や昆虫に触れるのも、子供にとっては探検なのです。

MOTHER

お母さんは家族を見守る灯台のよう

お母さんはまるで灯台のような存在。家族がどんな気持ちで過ごしているのか一番見ています。家族にとってもお母さんを傍で感じられる空間は安心です。オーダーキッチンや、考え抜いた家事導線など、毎日のお母さんを支えます。

FAMILY

いつも家族を感じるオープンな暮らし

天気がいいからウッドデッキでバーベキューしよう。雪が降ったら、庭で雪だるまを作ろう。階段で本を読んだり、屋根裏のロフトでお昼寝。どこにいても、家族の存在を感じられる、スロウルはそんな暮らしを理想にしています。

FATHER

お父さんが楽しいと、みんな楽しい

ウッドデッキでDIY、机や棚も作っちゃう。子供にとってお父さんは憧れの存在です。家は完成したら終わりではなく、暮らしながら育てていくもの。棚を付けたり、ペンキを塗ったり、どんどん手を加えて愛着のある家にしましょう。

PETS

家族の一員、居心地のよい空間

逃げ隠れていた猫ちゃんも、今はキャットウォークで日向ぼっこ。階段下のスペースを利用して、ワンちゃんのトイレを造作。臭いが漏れないよう、小さな換気扇を付けるのも忘れません。工夫を積み重ねて、豊かな暮らしを作ります。

暮らしに寄り添う住まい提案
暮らしに寄り添う住まい提案サブ画像01
暮らしに寄り添う住まい提案サブ画像02

SlowLIFE

暮らしに寄り添う
住まい提案

スロウルのオーナーの暮らしは、スポーツやキャンプが好き、逆にインドア重視で読書が好き、家庭菜園で無農薬野菜を育てたり、家族で毎週末バーベキュー、ウッドデッキで天体観測、デザインのこだわりが強い、とにかく様々です。いつも、お客さんと向き合って、じっくり考えぬいて、同じものが2つとない理想の暮らしを作っています。

葉っぱ 葉っぱ 葉っぱ 葉っぱ
WORKS-03

鉄階段と
広々ウッドデッキの家

元の構造を最大限に活かした広々ウッドデッキが最高!
オーダーメイドのの鉄階段はすっきり、シンプルな美しさ。

more
WORKS-07

札幌時計台
のような家

子供たちがのびのびと暮らせる家を目指した、
キッチン・ダイニング・リビング一体型の開放空間が広がります。

more
WORKS-09

スロウル的、
日本の家

日本古民家をテーマに「和」の風情をプラスした、
古くて新しい、個性あふれる家。

more
WORKS-10

白樺と
薪ストーブの家

夏は家庭菜園、冬は薪ストーブで暖まる。
スロウルの家づくりの「いろは」が詰まっています。

more
WORKS-11

ブロック造の家

オーナー参加型で一緒に創りあげる理想の家。
スロウルのリノベーションの醍醐味です。

more
WORKS-13

公園が庭の家

窓から眺めるのどかな風景に、
家族団らんのルーフデッキ。

more
こだわりが光る独自スタイル
こだわりが光る独自スタイルサブ画像01
こだわりが光る独自スタイルサブ画像02

SlowLOVE

こだわりが光る
独自スタイル

スロウルは、本物の素材と質感を感じられる、豊かな空間を作りたいと思っています。外断熱を施工したブロック造の家、古い梁や柱をそのまま活かす、職人の手で作り上げられた家、乾燥すれば収縮もするけど本物の無垢フローリングがいい。職人の手作りの味わいを豊かに感じられる、そんな家を理想にしています。

Hokkaido RUSTIC STYLE

懐かしくも新しい北海道の家

現代の北海道らしい家
01
現代の北海道らしい家
冬の長い北海道、引きこもりがちになる家は特に大切です。薪ストーブの炎に癒されながら飲むコーヒー、家全体が暖かく、開放的な空間、それぞれのお気に入りの場所、きっと見つかります。
部材を活かす独自デザイン
02
部材を活かす独自デザイン
新しい材料で作る新築も魅力ですが、古い柱や梁を活かしたビンテージな空間、質感を活かしたデザイン、そして人知れずCO2排出量を抑えて完成させた家は、本当の心の豊かさも教えてくれます。
人の手がつくるあたたかさ
03
人の手がつくるあたたかさ
工場のラインで作り出された同じ品質の製品に、自分たちを合わせていく時代。手間暇かけてこだわりの個性を形にすれば、きっと、みんなが愛着を持てる、たった一つの家が生まれます。

BEFORE

AFTER

Renovation

葉っぱ 葉っぱ
自由度の高い設計プラン
自由度の高い設計プランサブ画像01
自由度の高い設計プランサブ画像02

SlowLIBERTY

自由度の高い
設計プラン

一生に一度の自分達だけの家、徹底的にこだわり抜くことは家づくりの醍醐味です。デザインの好みは同じでも、細かな部分や収納ひとつにも個性があります。カタログから既製品を選ぶのではなく、ひとつひとつオーダーメイドで作るスロウルの家づくり、ぜひ楽しんでください。きっと「普通」じゃない家が完成します。

SLOWL RENOVATION

リノベーションのポイント

「建売は綺麗だけどつまらない」「細部までこだわりたいけど新築注文は高い」…など
新築や部分的なリフォームでは難しいことも、リノベーションで納得のいくこだわり空間へ。

リフォームとの違い

リフォームとの違いのアイコン
間取りの設計から自由にできるので
理想の住空間が作れる
リフォームは設備更新や、内装の模様替え、一部の間取り変更までが一般的。スロウルのリノベーションは、主要な構造以外すべて解体し、まったく新しく間取りを考え直すというアプローチで進めていきます。

予算とこだわり

予算とこだわりのアイコン
新築注文より比較的低コスト。
差分で細部までこだわれる
建物を支える基礎や構造の柱や梁をできるだけ活かし、低く抑えた費用でこだわりのある家を作ります。例えば、同じスロウルの仕様で新築注文を建てる場合より、約500~1,000万コストを低く抑えられるイメージです。
予算感の比較イメージ※同程度の広さ・仕様の場合
予算感の比較イメージ
  • ※プランニングや資材の時価によりこのイメージ通りにならない場合もございます。
  • ※詳細は概算のお見積りをご提示させていただきますのでお問い合わせください。

Massage 代表メッセージ

オーナー様と一緒に考え、
想いを形にした家づくりを。

新築のような綺麗なお家が好きな方へは、新築をおすすめしています。
”安いから中古物件がいい”のではなく、中古物件のリノベーションには、
新築には出せないヴィンテージの良さがある。
どちらがいいというわけではなく、
お客様が好きなほうを選択できるほうが、多様性があっていいですよね。
自然と共に生活できる北海道ならではのライフスタイル提案が、
自分のできること「強み」ではないかと思い、2010年にスロウルを創業しました。
建築ではなく、"ライフスタイルの提案"として
家づくりを続けていけたらと思っています。

代表取締役 平賀 丈士 TAKESHI HIRAGA
代表取締役の写真
葉っぱ 葉っぱ 葉っぱ 葉っぱ 葉っぱ

INFORMATION
& BLOG

リノベーションオブザイヤー2019 特別賞受賞!

2019.12.13 イベント&ニュース

リノベーションオブザイヤー2019 特別賞受賞!

皆様のご支援のおかげで「二軒長屋のブロック造の家」がリノベーションオブザイヤー2019 特別賞「地域風景デザイン賞」を受賞しました! https://www.renovation.or.jp/oftheyear/award.html   2016年 最優秀…

パントリーはキッチン収納の要(かなめ)

2019.12.09 リノベーションの間取り

パントリーはキッチン収納の要(かなめ)

  キッチンの間取りや収納を考える上で、パントリーはとても重要なキーワードです。   Wikipedia より— パントリー(Pantry)とは、キッチンの一部分にあるいはキッチンに隣接して設けられる小室…

リビング階段の間取り/一戸建てリノベーション

2019.12.02 リノベーションの間取り

リビング階段の間取り/一戸建てリノベーション

リビング階段のある間取り、どんなメリットがあるでしょうか?   施主様とのリノベーションや新築の打ち合わせで、リビング階段にできないでしょうか?というご要望を頂くことが多くあります。   その理…