SLOWL PRESS


Slowl Press

リノベーションとリフォームの違いは?メリット・デメリットも解説

こんにちは。札幌で一戸建て・中古住宅リノベーションを行うスロウルの平賀です。

 

住宅が古くなって暮らしにくくなったとき、建て替えを検討する方もいらっしゃるでしょう。

しかし、建て替えではなくリノベーションやリフォームを行うことで、コストを抑えながらも快適な暮らしを手に入れることができます。

 

今回は、リノベーションとリフォームとの違いや、それぞれのメリット・デメリットについてご紹介します。

 

暖炉のあるリビング

 

 

リノベーションとリフォームの違いは?

「リノベーション」「フルリフォーム」「リフォーム」など、住まいに手を加える際のいい方はさまざまです。

実は、それぞれの名称に法律上などの公式な定義はありません。

 

一般的に「リフォーム」は住宅の不具合の修繕や、住宅設備の交換など、住まいの原状回復に関わる部分的な改修をイメージする方が多いでしょう。

和室を洋室に変更、押し入れをクローゼットに変更、トイレを交換など、家の中の一部だけの工事でもリフォームといいます。

 

「フルリフォーム」は家の一部ではなく、全面的な改修を指すことが多いです。

内装をすべて張り替えて、古くなった住宅設備を更新し、ライフスタイルの変化に合わせて間取り変更をすることも含まれます。

部分的なリフォームよりも費用はかかりますし、工期も長くなります。

 

一方、「リノベーション」は不具合の修繕や原状回復だけでなく、住宅の性能や暮らし心地に付加価値を与えるものです。

 

英語の「renovation」は「革新、刷新」という意味。

住宅全体を統一感のある空間にしたり、家族の人数やライフスタイルに合わせて空間をアレンジしたりと、機能性だけでなくデザイン性も重視して好みに合わせた居住空間にします。

 

既存の住宅の性能や快適性がアップするのがリノベーションの魅力です。

 

 

リノベーションのメリット・デメリット

木の温もりを感じる家

 

リノベーションには、リフォームや建て替えでは叶えられないさまざまなメリットがあります。

メリットとあわせてデメリットについても確認していきましょう。

 

メリット①建て替えるより早く完成する

既存住宅を取り壊して新しく家を建てる建て替えの場合は、柱や梁、基礎もすべて壊して撤去することになります。

その点、リノベーションは建物すべてを解体するわけではないので、建て替えよりも早く完成する点がメリットです。

 

特に、近年はウッドショックやアイアンショック、物の輸送がスムーズにいかないなど不安定な社会情勢が続き、建築資材や住宅設備の納品が遅れることがあります。

リノベーションやリフォームでも工期が長くかかることはありますが、建て替えとなるとその影響はより大きくなります。

 

メリット②建て替えや新築より費用が安く済む

建て替えの場合、既存の住宅の解体費用や廃棄物処理費用がかかる上、建材も住宅設備も建具も新しく調達することになります。

建物を解体しないリノベーションは、解体費用や廃棄物処理費用も建て替えより少なくて済みますし、柱や梁、建具などで使えるものは使うので、コストを抑えることができます。

 

むしろ、古いものを上手に生かすことで、リノベーションならではの味わいを出せることもメリットです。

 

また、新築住宅は「新築」というだけで、価格が高めに設定されることも。

自分のライフスタイルに合った、きれいで好みの物件に住みたいということであれば、中古物件をリノベーションすることで予算内で理想の家を手に入れられる場合もありますよ。

 

中古物件を購入してリノベーションする際に必要な費用の目安や住宅ローンについてはこちらもご覧ください。

中古を買ってリノベーション。予算を立てるときに知っておきたいこと

リノベーションの費用は住宅ローンで借りられる?

 

メリット③物件選択や設計の自由度が高い

自分の理想の物件と巡り合うためには、選択の幅を広くしておくことが大切です。

きれいでおしゃれな家が良いからと、最初から新築物件や築浅物件に絞ってしまうと、物件数が限られてしまいますよね。

 

中古物件をリノベーションすることを想定しておけば比較的古い物件も選択肢に入るので、より多くの物件から探すことができるようになります。

 

設計の段階でもリノベーションは自由度が高いのがメリットの一つ。

リノベーションは配管や間取り、設備なども含めた大規模な工事を行うため、自分の好みやライフスタイルを反映させた家づくりが可能です。

 

メリット④環境にやさしい

建て替えよりも廃棄物排出量が少なく、新たに使う建材や設備の量も抑えられるリノベーション。

廃棄物処理や資材や設備を製造する際に出るCO2排出量も減らすことができます。

 

環境へのやさしさを基準に家づくりの手段を検討し、リノベーションを選択するというのも、これからの住まいづくりには欠かせない考え方になりそうです。

 

デメリット①リフォームより費用が高くなる

家の一部を改装するリフォームと比べると、工事が大規模なリノベーションは費用が高くなります。

物件の購入費用を安くできても工事費用が高くなると予算をオーバーしてしまうこともあるので、予算のバランスを考えて物件や工事する範囲を検討するようにしましょう。

 

デメリット②リフォームより工事期間が長くなる

リノベーションをする範囲が大きいほど工事期間も長くなるので、一般的には一部だけ改修するリフォームよりも期間が長くなります。

 

また、着工する前に設計の打ち合わせをする期間も必要となります。

余裕をもって家づくりを計画しましょう。

 

 

リフォームのメリット・デメリット

リフォームにもメリットとデメリットがあります。

それぞれ見ていきましょう。

 

メリット①工事期間が短く費用が安く済むことも

リノベーションに比べると、リフォームは工事の規模が小さいので工事期間も短い傾向があります。

工事期間が短いということは仮住まいの期間も短いということですので、仮住まいの宿泊料金も抑えられるでしょう。

 

工事自体の費用も、リフォームする範囲が小さかったり表面的な改修がメインだったりする場合には、リノベーションと比較して安く済みます。

 

メリット②リフォーム後の家をイメージしやすい

リフォームは大がかりな間取りの変更などを行わないため、リフォーム後のイメージをしながら設計しやすくなっています。

設計で失敗したり、「もっとこうすれば良かった」と後悔したりすることも少ないでしょう。

 

生活導線も大きくは変わらないため、リフォーム後も慣れた暮らし方ができます。

 

デメリット①設計の自由度は低い

リフォームは老朽化した設備の交換や内装や不具合の改修などがメインなので、設計の自由度は低くなります。

新しい設備を検討する際には既存の間取りや配管、設備のサイズも参考にする必要があるため、導入する設備の選択肢が制限されることもあるでしょう。

 

「どうせ工事するならここもおしゃれにしたい!」と思っても、実現できない可能性もあります。

 

デメリット②デザイン性や統一感が失われることも

家の一部だけをリフォームする場合、リフォームした部分としていない部分で建材や雰囲気が異なってしまい、家全体の統一感がなくなってしまうこともあります。

 

例えばキッチンだけ最新の設備を導入し、デザイン性にこだわっておしゃれにリフォームしても、ダイニングやお風呂などの他の空間は古いままなので違和感を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

デメリット③リフォーム後に別の工事が必要になる場合も

リフォームは基本的に住宅の一部のみの改修なので、リフォーム後数年したら別の部分の劣化が進み、再びリフォームが必要になる可能性もあります。

 

リフォームを行うときは費用を安く済ませられても、長い目で見ると部分的な工事には限界があります。
長期的に見て費用を抑えることができ、快適に暮らす家づくりができる方法を選びましょう。

 

 

リノベーションとリフォームの違いを知って快適な家づくりを!

リフォームは住宅の不具合や老朽化した部分を改修するもので、家の一部だけを工事することも多いです。

一方、リノベーションは不具合の修繕や原状回復だけでなく、住宅性能や快適性に付加価値を与えます。

 

リノベーションのメリットは、建て替えるよりも完成が早く、費用が安く、物件の選択肢が広がって設計の自由度が高いこと。

廃棄物の量が少なく、新たに使う建材や設備の量も抑えられるので、環境にやさしいのも嬉しいポイントです。

ただし、リフォームに比べると大規模な工事となるので、費用が高く、工期も長くなる傾向があります。

 

リフォームのメリットは工期が短く費用が安く済むこともある点。

また、リフォーム後のイメージが湧きやすく、入居後も以前と同じ生活導線で暮らせてスムーズです。

 

しかし、設計の自由度は低く、デザイン性や統一感が失われるリスクがあり、リフォームしていない部分の劣化が進んで数年後に再びリフォームが必要となる場合もあります。

 

長い目で見たときの費用も考慮しながら、適切な方法を選んでみてくださいね。

 

札幌でリノベーションをご検討中なら、「スロウル」もチェック!

マンションのリノベーションや新築も行なっていますので、お気軽にご相談ください。

 

スロウルでは、写真ではなく実際にスロウルのリノベーションを体感してもらうためにモデルハウスを公開しています。

見学予約フォームからご予約していただけます。

 

「スロウルの家」 リノベーションモデルハウス

〈住 所〉札幌市清田区北野5条3丁目12-14

〈MAP〉Google MAP で地図を確認する

 

スロウルのLINE@ご登録はこちらから

友達追加ボタン

平賀 丈士

(株)スロウル 代表取締役

平賀 丈士

憧れの大自然、北海道にバックパック一つで渡り、IT業界からリノベーション業界へと転身。2010年、北海道スタイルのリノベーション住宅「スロウル」創業。札幌という都会の中でも、自然とともに生活できる、そんな北海道らしいライフスタイルを実現できるような、ワクワクする家をつくる。