SLOWL PRESS


Slowl Press

HEAT20って何?これからの家づくりにどんな関係があるの?

最近、ハウスメーカーのホームページや建売住宅の広告などで「HEAT20」という言葉を見かけることが多くなりました。HEAT20(ヒート20)とは何なのでしょうか?

◎目次

・優れた省エネ効果を目指す住まいの基準

・HEAT20の水準は3つ

・HEAT20の推奨水準の家は、どんなあたたかさになるのか

優れた省エネ効果を目指す住まいの基準

「HEAT20」とは「2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会」という、2008年に設立された団体のこと。現在は、「20年先を見据えた日本の高断熱住宅研究会」と名称が変更され、一般社団法人に移行しています。英語名の「Society of Hyper- Enhanced insulation and Advanced Technology houses for the next 20 years」を見ると、たしかにHEAT20となりますね。この団体が目指すのは、環境への負荷が小さく、安心安全で高品質な住宅等の実現です。

 

実は、日本の住宅は先進国の中では断熱性能などがとても低いのです。寒冷地の北海道では、昔からの冬でもあたたかく、安心して暮らせる性能の高い家づくりを、多くのハウスメーカーが頑張ってきました。そのため、気密性や断熱性が高い住宅が多くあります。でも、日本の寒冷地以外の温暖な地方では、冬の寒さよりも夏の暑さをしのぐことのほうが優先されてきため、風通しのいい家、つまり気密性の低い家が多く見られるのです。日本全体で見たときにはとても低い住宅の断熱性能を、他の先進国並みに引き上げようという目標がHEAT20によって推奨されています。

 

HEAT20の水準は3つ

HEAT20にはG1〜G3の3つのグレードがあり、数字が大きいほど断熱性能が高くなります。

 

G1:国が定める省エネ基準よりも性能が高く、コストパフォーマンスにも優れている

G2:G1よりもさらに高い性能を確保

G3:ドイツのパッシブ住宅を目指す水準

 

■基準となるUA値※1(W/m2K)

国の地域区分※2 H28年省エネ基準 ヒート20 G1 ヒート20 G2 ヒート20 G3
地域区分1  0.46  0.34  0.28  0.26
地域区分2  0.46  0.34  0.28  0.26
地域区分3  0.56  0.38  0.28  0.26

※1 UA値(外皮平均熱貫流率)は住宅の断熱性能を示す数値。1㎡当たり、どれくらいの熱が家の外へ逃げるのかを示す。数値が低いほど断熱性能が高い

※2 国の地域区分とは国が省エネ基準を定める際に、全国を8つの地域に分けた区分のこと。

 

上の表のように、UA値がHEAT20のどのグレードに当たるかは、地域区分によって数値が異なります。北海道の場合、ほとんどの地域が地域区分1または2に入り、函館市や室蘭市など道南の一部エリアが地域区分3となっています。(地域区分については国土交通省のホームページの「地域区分新旧表」で確認できます)

 

 

厳冬期が長い北海道で暮らすなら、住まいの断熱性能や省エネ性能はとても大切(撮影/スロウル)

HEAT20の推奨水準の家は、どんなあたたかさになるのか

では、HEAT20の推奨水準の家は、どのような室内温度環境になるのでしょうか。

 

まず、G1にした場合、地域区分1と2では、冬の室内の最低体感温度がおおむね13度を下回らない住宅性能、G2とG3の場合は、おおむね15度を下回らない水準です。暖房を入れなくても13度または15度以上の室温が保てる家は、とても快適なことがイメージできますね。暖房効率も良く、冬の光熱費のコストも抑えることができます。

 

ただし、家づくりでは高い性能を求めるほど、施工費も高くなっていきます。快適性やランニングコストと、家をつくるためのイニシャルコストのバランスも大切。家づくりやリフォーム、リノベーションをする際には、自分たちはどれくらいの性能を求めるのか、建築会社や設計会社に相談しましょう。

 

 

札幌の戸建てリノベーションモデルハウスは随時見学受付中です!

スロウルでは、写真ではなく実際にスロウルのリノベーションを体感してもらうためにモデルハウスを公開しています。ご予約は見学予約フォームからお願いします。

マンションのリノベーションや新築も行なっていますので、お気軽にご相談ください。
「スロウルの家」 リノベーションモデルハウス
〈住 所〉札幌市清田区北野5条3丁目12-14
〈MAP〉Google MAP で地図を確認する

スロウルのLINE@ご登録はこちらから

友だち追加

田方 みき

住宅系ライター

田方 みき

広告制作プロダクション勤務後、フリーランスのコピーライターとして活動。
現在は主に、雑誌・Webで住宅にかかわる記事の取材、編集、執筆に携わる。
主な著書に『家づくりのお金の話がぜんぶわかる本』(エクスナレッジ)