Blog SLOWLブログ

 

2009年

2009
12/11
リノベーション診断の現場 | 北海道スタイル・リノベーション[スロウル]

ブログテーマ:リノベ*02[公園が庭の家]

投稿者:平賀 丈士

札幌の一戸建て中古住宅をリノベーションで再生し、北海道の理想の暮らしを実現するSLOWL[スロウル]
スロウルにリノベーションの依頼をしてくださった森山さんは、
物件にまだ売主さんがお住まいになっている家であれば、内覧も遠慮気味になってしまいがちですが、
個人売買では瑕疵担保責任を免責にすることがほとんどで、購入したあとの責任を負うのは買主さんの方です。
ですから、ここは遠慮なく床下や小屋裏の確認をさせて頂きましょう。
物件について色々と質問できる絶好のチャンスでもあります。
屋根裏は、室内の暖かい空気と外気の境目となり、結露が発生している場合も多いので、
構造に傷みがないか確認します。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らしを実現したい!-リノベーション診断2
左:一級建築士 船坂
それと同時に、屋根を支える柱や、天井の梁の位置も確認しておきます。
この柱の位置は、今後リノベーションプランを進める上で重要なポイントになります。
床下の主なチェックポイントは、基礎などの構造や、湿気などによる腐食の有無です。
特にお風呂など水廻りの床下は、湿気や漏水などでかなり腐食している場合がありますので要注意です。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らしを実現したい!-リノベーション診断1
また、外壁の傷みも十分にチェックしましょう。
北海道では、屋根から落ちた雪が壁際に溜まり、柱や土台が徐々に水を吸い、腐食が進行します。
この場合、土台など構造の修復コストをある程度多めに計算に入れておく必要があります。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らしを実現したい!-リノベーション診断3
もちろん、どんなに傷んでいても、リノベーションで再生することは可能です。
ただし、傷みが激しい物件は、柱を残して解体し、腐食部分を入れ替えてほとんど作り直す事になり、
結果的に新築住宅を立てるのと同じくらいの費用が必要となる可能性もあります。
ですので、物件選びは本当に重要ですね。
理想のライフスタイルを実現するために、どのくらいの規模でリノベーションするかによって、
購入できる中古物件の予算配分が変わってきます。
例えば、トータル1,500万円の予算がある場合で、単純に諸経費を除いて考えると、
700万円の中古住宅を購入すれば、残り800万をリノベ費用に割り当てることができます。
しかし、表面的には奇麗な1,200万円のリフォーム済み中古住宅を購入してしまうと、
リノベーション費用は300万円となり、思いきった間取り変更や不足した断熱の改修まで
予算が残らない可能性があります。
●『無料リノベーション診断』過去の記事

2009
12/10
無料リノベーション診断で一戸建て物件チェック | 北海道スタイル・リノベーション[スロウル]

ブログテーマ:リノベ*02[公園が庭の家]

投稿者:平賀 丈士

札幌の一戸建て中古住宅をリノベーションで再生し、北海道の理想の暮らしを実現するSLOWL[スロウル]
札幌市北区にお住まいの森山さんは、スロウルにリノベーションの依頼を下さったとき
既にリノベーション候補の中古住宅を見つけていらっしゃいました。
築30年ほどの家で、昭和のレトロな雰囲気を残しています。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らしを実現したい!-公園を庭に持つ家
どんな環境で、どんなライフスタイルを実現したいか、本当に人それぞれ多様ですので、
森山さんのように、リノベ候補となる物件をネットで一つ見つけてからスロウルにご相談頂けると、
それを足がかりにして具体的な検討に入れますので、とてもスムーズに進行するようです。
しかし、ただ漠然とリノベ候補の物件を探すといっても、普段から頻繁に不動産を購入することは
あまりないと思いますので、一般の方には判断基準がなかなか難しいかもしれません。
購入した家が、これからリノベーションで生まれ変わるとはいえ、どんな物件がリノベーション向きか、
どんな物件は買ってはいけないか、チェックポイントはどこか判断が難しく、色々と大変だと思います。
そこで、スロウルがお客さんにお勧めするのは、
スロウルでは、リノベーションを依頼してくださる方を対象に、
申し込みはお問合せフォームから

リノベーション診断により、現地で物件を一緒にチェックしながら、ポイントを詳しく説明しますので、
お客さん自身も「物件選びの判断基準」を理解できるようになります。
この判断基準を知っておかないと、間取り変更の難しい物件、老朽化が激しい物件、
さらには、改修費が新築コストを超えるような物件を購入してしまうかもしれません。
そうなると、理想の暮らしを手に入れることが難しくなる可能性もあります。
ライフスタイルを構成する重要な要素の「住宅」選びですので、ここは慎重に進めたいですね。
スロウルの役割は、リノベーションすることよりも前に、「物件選び」から始まっているのです。

2009
12/09
「サンタもやってくる?レンガ煙突の家」見学会開催 | 北海道スタイル・リノベーション[スロウル]

ブログテーマ:イベント&ニュース

投稿者:平賀 丈士

札幌で一戸建て中古住宅をリノベーションで再生し、新築を超える家を実現する北海道スタイル・リノベーション SLOWL[スロウル]
ご好評の「スロウルの家」完成見学会(オープンハウス)、今年最後の開催となります。
サンタクロースもやってきそうなレンガ煙突のあるスロウルの家に、ぜひ遊びに来てください。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らしを実現したい!-スロウルの家
薪ストーブであたたかくして、お待ちしております。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らしを実現したい!-スロウルの家、薪ストーブ
━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━━━━━━━━━━━━
スロウル(所在地:北海道札幌市西区 代表:平賀丈士)は「北海道のスロウな暮らし」というコンセプトをもとに、今でも道内に点在する昔ながらの三角屋根の家をリノベーションという手法で再生し、都会の中でも自然とともに生活でき、薪ストーブや家庭菜園による「満たされる時間」のある暮らしを実現します。
『北海道スタイルの暮らし、スロウルのリノベーション戸建て完成見学会』
12月19日(土)・20日(日) 午前10:00~午後6:00
札幌市北区篠路町上篠路101-24 >>地図 ※車での来場も可能
~スロウルの家の特徴~
・レンガ煙突、薪ストーブ、家庭菜園、枕木ウッドデッキ、木のキッチンのある暮らし
・家具作りまで北海道にこだわった地産地消のスローな家
・リノベーション手法で新築に比べ大幅に低い価格を実現(土地建物で1,980万円)
○スロウルの家プロジェクト
・企画 スロウル 平賀丈士
・設計 to be Designed 船坂大樹(一級建築士)
・外構 フーム空間計画工房 蓮池真也
・家具 A Store Seam伊賀信、森巣 宮本秀仁
・白樺無垢床 キタヂカラ木材店 上島信彦
・断熱木製サッシ 札幌木工センター
・薪ストーブ 北海道リンクアップ
・レンガ煙突 丸二北海煉瓦
物件写真など、詳しい情報はWebサイトでもご覧頂けます。
スロウルのホームページ http://slowl.jp/wp-content/uploads/blog_import_51a43e9261921.jpg
━━━━━━━━━━━━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

2009
12/08
「スロウルの家」北海道住宅新聞に掲載 | 北海道スタイル・リノベーション[スロウル]

ブログテーマ:イベント&ニュース

投稿者:平賀 丈士

札幌で中古の一戸建て住宅をリノベーションで再生し、北海道らしいスローライフを実現する北海道スタイル・リノベーション スロウル
北海道住宅新聞 12月5日号に、スロウルが掲載されました。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らしを実現したい!-北海道住宅新聞に掲載
 クリックで大きく表示(スロウルHP)
新聞記事は、SLOWL[スロウル]のホームページでもご覧になれます。
ホームページ:http://slowl.jp/wp-content/uploads/blog_import_51a43e8c6656b.jpg
下記に記事を引用して掲載いたします。
---------------------記事引用------------------------------–
『ターゲット絞り売値抑制、ブロック住宅を再生』 スロウル
 札幌市北区百合が原公園近くでリノベーションした築40年のブロック造住宅が10月下旬から現場公開され、人気を集めている。新たに物件を探してリノベーションしてほしいという申し込みもあったという。
 企画したのは不動産業のスロウル(札幌市、平賀丈士代表)で、tobeDesigned一級建築士事務所(札幌市、船坂大樹代表)とプロジェクトチームを組んだ。
 「家に人生のすべてをつぎ込みたくない。アウトドアやスローライフを楽しみたい」と望んでいる団塊ジュニア世代がいるが、都会では予算や環境の問題でなかなか実現できないと考えている人が多い。スロウルの狙いは、こうした人たちにリノベーションした中古住宅を新築より安く提供して希望を実現することにある。
 ブロック造住宅は、1960年代に多く建てられたが、現代の住宅と比べて結露の発生や寒さなど住環境は大きく劣る。また、築年数が経過していることから耐久性に不安もある。そこで、船坂氏が温熱環境を改善するために外断熱改修を計画、ダンネツの「そとだんパネル」による湿式外断熱改修を行った。窓も協同組合札幌木工センターの木製断熱サッシに入れ替えた。床下やブロックの状態は問題なかった。暖房は、1階のリビングに薪ストーブを置き、構造体であるブロックを現しにして蓄熱層として利用する。
 改修期間は約1ヶ月半。延べ床面積は33坪。1階に主寝室とLDKを配置し、2階は間仕切りせずオープンな空間とした。また、天井材を現しにして空間を広く見せる工夫をしている。
 内装は道産の材料を多用しており、床材は道産カバ材、キッチンや洗面も天版に道産タモ材などを使った造作で光沢を抑えた防水性のあるウレタン浸透塗装。外構周りの提案にも力を入れ、玄関へのアプローチに枕木を活用したり、庭を利用した家庭菜園を提案している。
 
 『スローライフがテーマ』
 総改修費用は1000万円以上で販売価格は土地込みで2000万円弱に設定。新築よりも3割安いという。平賀氏は、道外から「北海道らしいライフスタイル」に憧れて移住した。スローライフをキーワードに、道産材を使った若い世代に受け入れられるデザインの再生住宅を手掛けていきたい、と話している。
---------------------記事引用------------------------------–

2009
12/07
スロウルのリノベーション第二弾、はじまります | 北海道スタイル・リノベーション[スロウル]

ブログテーマ:リノベ*02[公園が庭の家]

投稿者:平賀 丈士

札幌でリノベーションにより一戸建て中古住宅を再生し、北海道らしく豊かなライフスタイルを実現するスロウル
スロウルの、記念すべき最初のお客さんは、札幌市北区にお住まいの森山さん(仮名)、
ご夫婦と元気な男の子3人の、5人家族です。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らしを実現したい!-リノベ第二弾はじまり
森山さんは、これまでハウスメーカーなどを中心に、数多くのモデルハウスに足を運んだものの、
どうしても、自分たちの理想の家に出会う事が出来なかったそうです。
なかば疲れ果て、あるメーカーの住宅に決めようかと思ったこともあったそうですが、
そんな時に、偶然にもスロウルのことを知り、見学会に足を運んでくださいました。
スロウルの見学会では、森山さんのとても元気な男の子3人がスロウルの家を駆け回っていた事を、私もよく覚えています。
スロウルの百合が原公園の家を見た瞬間、よく目にするピカピカの既成住宅とは違う居心地の良さに感動し、
帰宅してすぐに家族会議を開いて「ぜひスロウルさんにお願いしよう!」と決まったそうです。
これから、森山さんは中古住宅の購入手続きを進めながら、
並行してスロウルとのリノベーションのプランニングに入っていきます。
スロウルのリノベーションプランがどのように完成していくのか、
ブログで随時レポートさせていただきますので、どうぞお楽しみに。

 
スロウルブログ
北海道スタイルの暮らしを追い求めるスロウルのブログです。

家日和
週末、出かけたく”なくなる”、 家日和(いえびより)なライフスタイルのご提案。

Copyright (c) Slowl All Rights Reserved.