Blog SLOWLブログ

 

リノベ*02[公園が庭の家]

2009
12/15
ライフスタイルを反映したラフプラン平面図 | 北海道スタイル・リノベーション[スロウル]

ブログテーマ:リノベ*02[公園が庭の家]

投稿者:平賀 丈士

札幌の一戸建て中古住宅をリノベーションして、北海道の豊かなライフスタイルを実現するSLOWL[スロウル]
スロウルのリノベーション第二弾、
森山さんのライフスタイルを考えて作成した、一級建築士 船坂によるラフプラン平面図の登場です。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らしを実現したい!-ラフプラン平面図
まだ最初なので、ライフスタイルを構成する要素を空間にはめ込んでいる段階ですが、
これでなんとなく、各要素のボリューム感がつかめてきますね。
グランドピアノ結構大きいねーとか、この真ん中の階段ちょっと邪魔だね、とか話しながら、
このラフプランをたたき台にして、より理想に近い空間構成を考えていきます。
平面図にトレーシングペーパーを重ねて、間取りの構成案を何パターンも書き加えていきます。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らしを実現したい!-ラフプラン、トレース
やっぱり、キッチンはこっちに移動して、ピアノはこっちかな、。。。おっ、いいねー!
理想の暮らしが少しずつ形になって見えてくる、うれしい瞬間です。
こういった工程を進みながら、リノベーションプランが完成していくのです。
平面図がある程度完成してくると、今度はベースとなる中古物件に足を運んでみて、
プランニングした空間構成を、現地で、より実際に近い形でイメージし確認していきます。
新築住宅の場合は、立体的なCGや模型を使ってイメージをつかむのですが、
奥様など、女性は空間認識が苦手な方が多いので、なかなか難しいですよね。
リノベーションの場合、ベースとなる中古住宅が既に存在していますので、
実際の窓からの景色も確認しながら、実物大のリアルなイメージで打合せ出来るのは魅力です。
スロウルが実現する北海道スタイルのリノベーション住宅、どうぞお楽しみに。

2009
12/14
一戸建てリノベーション、ラフプラン打合せ | 北海道スタイル・リノベーション[スロウル]

ブログテーマ:リノベ*02[公園が庭の家]

投稿者:平賀 丈士

札幌の一戸建て中古住宅をリノベーションで再生し、北海道の理想の暮らしを実現するSLOWL[スロウル]
スロウルのリノベーション第二弾
森山さんのリノベーションプラン打合せでは、どのような理想の暮らしをイメージされているかを、
最初にじっくりヒアリングしていきます。
『 ヒアリングのメモ 』
・毎朝早く起きて、お父さんと長男と次男はビリーズ・ブートキャンプで鍛えている
・子供は学校が終わると、友達をいっぱい連れて帰ってきてリビングでわいわい遊んでいる
・その時はお母さんの居場所がなくなり、騒いでいるのでテレビも見れずちょっと困る
・引きこもってしまわないように子供部屋は寝るだけの狭いスペースでよい
・リビングやダイニングの大きいテーブルで勉強したり、みんなでごはんを食べたりしたい
・キッチンはアイランド型でダイニングテーブルと一体になったようなタイプが理想的
・これまで床や畳に座って過ごす生活が中心で、ソファーやイスはあまり使ったことがない
・おばあちゃんも呼んで一緒に暮らしたいので、寝室がもう一つ必要
・今後、介護が必要になるかもしれないので、トイレなどはできるだけ広くしたい
・玄関にスキー道具などを置ける場所も欲しい
・できれば将来、グランドピアノが置けるスペースも欲しい
などなど、森山さん夫婦から色々なお話を聞かせてもらいました。
そして、奥さまが気に入った雑誌の切り抜きも見せてもらいました。
こういう情報に触れながら、心の奥にある理想の暮らしが少しずつ浮かび上がってきます。
リノベーションで北海道の豊かな暮らしを実現したい!-ファイリング1
こんなダイニングキッチンなら、
勉強したり、ごはん食べたり、家族が集まれる多目的な場所になって楽しいですね。
リノベーションで北海道の豊かな暮らしを実現したい!-ファイリング2
リノベーションは、既存の住宅がもつ様々な制約をうまく取り込みながら、
しっかりと理想の暮らしを作っていきます。
逆に、新築住宅はほとんど制約もなく一から自由に設計できるのですが、だからといって
必ずしも最良のものができるわけではない、というところが家づくりの面白いところです。
スロウルが実現する新築を超えるリノベーション住宅、
どうぞお楽しみに。

2009
12/11
リノベーション診断の現場 | 北海道スタイル・リノベーション[スロウル]

ブログテーマ:リノベ*02[公園が庭の家]

投稿者:平賀 丈士

札幌の一戸建て中古住宅をリノベーションで再生し、北海道の理想の暮らしを実現するSLOWL[スロウル]
スロウルにリノベーションの依頼をしてくださった森山さんは、
物件にまだ売主さんがお住まいになっている家であれば、内覧も遠慮気味になってしまいがちですが、
個人売買では瑕疵担保責任を免責にすることがほとんどで、購入したあとの責任を負うのは買主さんの方です。
ですから、ここは遠慮なく床下や小屋裏の確認をさせて頂きましょう。
物件について色々と質問できる絶好のチャンスでもあります。
屋根裏は、室内の暖かい空気と外気の境目となり、結露が発生している場合も多いので、
構造に傷みがないか確認します。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らしを実現したい!-リノベーション診断2
左:一級建築士 船坂
それと同時に、屋根を支える柱や、天井の梁の位置も確認しておきます。
この柱の位置は、今後リノベーションプランを進める上で重要なポイントになります。
床下の主なチェックポイントは、基礎などの構造や、湿気などによる腐食の有無です。
特にお風呂など水廻りの床下は、湿気や漏水などでかなり腐食している場合がありますので要注意です。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らしを実現したい!-リノベーション診断1
また、外壁の傷みも十分にチェックしましょう。
北海道では、屋根から落ちた雪が壁際に溜まり、柱や土台が徐々に水を吸い、腐食が進行します。
この場合、土台など構造の修復コストをある程度多めに計算に入れておく必要があります。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らしを実現したい!-リノベーション診断3
もちろん、どんなに傷んでいても、リノベーションで再生することは可能です。
ただし、傷みが激しい物件は、柱を残して解体し、腐食部分を入れ替えてほとんど作り直す事になり、
結果的に新築住宅を立てるのと同じくらいの費用が必要となる可能性もあります。
ですので、物件選びは本当に重要ですね。
理想のライフスタイルを実現するために、どのくらいの規模でリノベーションするかによって、
購入できる中古物件の予算配分が変わってきます。
例えば、トータル1,500万円の予算がある場合で、単純に諸経費を除いて考えると、
700万円の中古住宅を購入すれば、残り800万をリノベ費用に割り当てることができます。
しかし、表面的には奇麗な1,200万円のリフォーム済み中古住宅を購入してしまうと、
リノベーション費用は300万円となり、思いきった間取り変更や不足した断熱の改修まで
予算が残らない可能性があります。
●『無料リノベーション診断』過去の記事

2009
12/10
無料リノベーション診断で一戸建て物件チェック | 北海道スタイル・リノベーション[スロウル]

ブログテーマ:リノベ*02[公園が庭の家]

投稿者:平賀 丈士

札幌の一戸建て中古住宅をリノベーションで再生し、北海道の理想の暮らしを実現するSLOWL[スロウル]
札幌市北区にお住まいの森山さんは、スロウルにリノベーションの依頼を下さったとき
既にリノベーション候補の中古住宅を見つけていらっしゃいました。
築30年ほどの家で、昭和のレトロな雰囲気を残しています。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らしを実現したい!-公園を庭に持つ家
どんな環境で、どんなライフスタイルを実現したいか、本当に人それぞれ多様ですので、
森山さんのように、リノベ候補となる物件をネットで一つ見つけてからスロウルにご相談頂けると、
それを足がかりにして具体的な検討に入れますので、とてもスムーズに進行するようです。
しかし、ただ漠然とリノベ候補の物件を探すといっても、普段から頻繁に不動産を購入することは
あまりないと思いますので、一般の方には判断基準がなかなか難しいかもしれません。
購入した家が、これからリノベーションで生まれ変わるとはいえ、どんな物件がリノベーション向きか、
どんな物件は買ってはいけないか、チェックポイントはどこか判断が難しく、色々と大変だと思います。
そこで、スロウルがお客さんにお勧めするのは、
スロウルでは、リノベーションを依頼してくださる方を対象に、
申し込みはお問合せフォームから

リノベーション診断により、現地で物件を一緒にチェックしながら、ポイントを詳しく説明しますので、
お客さん自身も「物件選びの判断基準」を理解できるようになります。
この判断基準を知っておかないと、間取り変更の難しい物件、老朽化が激しい物件、
さらには、改修費が新築コストを超えるような物件を購入してしまうかもしれません。
そうなると、理想の暮らしを手に入れることが難しくなる可能性もあります。
ライフスタイルを構成する重要な要素の「住宅」選びですので、ここは慎重に進めたいですね。
スロウルの役割は、リノベーションすることよりも前に、「物件選び」から始まっているのです。

2009
12/07
スロウルのリノベーション第二弾、はじまります | 北海道スタイル・リノベーション[スロウル]

ブログテーマ:リノベ*02[公園が庭の家]

投稿者:平賀 丈士

札幌でリノベーションにより一戸建て中古住宅を再生し、北海道らしく豊かなライフスタイルを実現するスロウル
スロウルの、記念すべき最初のお客さんは、札幌市北区にお住まいの森山さん(仮名)、
ご夫婦と元気な男の子3人の、5人家族です。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らしを実現したい!-リノベ第二弾はじまり
森山さんは、これまでハウスメーカーなどを中心に、数多くのモデルハウスに足を運んだものの、
どうしても、自分たちの理想の家に出会う事が出来なかったそうです。
なかば疲れ果て、あるメーカーの住宅に決めようかと思ったこともあったそうですが、
そんな時に、偶然にもスロウルのことを知り、見学会に足を運んでくださいました。
スロウルの見学会では、森山さんのとても元気な男の子3人がスロウルの家を駆け回っていた事を、私もよく覚えています。
スロウルの百合が原公園の家を見た瞬間、よく目にするピカピカの既成住宅とは違う居心地の良さに感動し、
帰宅してすぐに家族会議を開いて「ぜひスロウルさんにお願いしよう!」と決まったそうです。
これから、森山さんは中古住宅の購入手続きを進めながら、
並行してスロウルとのリノベーションのプランニングに入っていきます。
スロウルのリノベーションプランがどのように完成していくのか、
ブログで随時レポートさせていただきますので、どうぞお楽しみに。

 
スロウルブログ
北海道スタイルの暮らしを追い求めるスロウルのブログです。

家日和
週末、出かけたく”なくなる”、 家日和(いえびより)なライフスタイルのご提案。

Copyright (c) Slowl All Rights Reserved.