Blog SLOWLブログ

 

リノベ*02[公園が庭の家]

2010
04/05
リノベーション第二弾いよいよ大詰め | 北海道スタイル・リノベーション[スロウル]

ブログテーマ:リノベ*02[公園が庭の家]

投稿者:平賀 丈士

札幌の一戸建て中古住宅をリノベーションで再生し、北海道の豊かなライフスタイルを実現するSLOWL[スロウル]
札幌市北区で進行中のリノベーション「公園の家」プロジェクト
森山さんのリノベーションプランはほぼ終わりに近づき、
施工業者に算出してもらったリノベーション工事の見積書をもとに、
なんとか予算内に収まるよう、大詰めの段階に入っています。
予算の都合上、できる限り既存の部材を再利用できないかと現地で確認しました。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らし-リノベーションの現場、札幌
キッチンの木の扉は若干古いデザインなので、
ご主人がDIYでリメイクしてみたいとおっしゃっていました。
ジョイフルAKでも売っているランバー材で戸板を張り替え塗装すると、
イメージがかなり変わってくると思います。
こういったリメイクはリノベーションの醍醐味で、とても楽しいです。
このナショナル製の古いスイッチも、磨きなおせばとても良い味になりそうです。
これは貴重ですね。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らし-リノベーションの現場、札幌
普通は破棄してしまうこの古いドアも、板を張り替えて再利用することができるんです。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らし-リノベーションの現場、札幌
新しくドアを製作する場合と比較すると、約5万円程の節約効果が見込めます。
こういった既存の部材の再利用により、約30万円の節約ができそうです。
これは大きいですね。
スロウルのリノベーションは、
ただ表面をきれいにして新築そっくりに作り直すものとは大きく異なり、
古い味わいを残しつつ、ライフスタイルに合わせた居心地の良い空間を作り出すというもの。
すぐに古くなって捨てられていく家電のような既製品住宅ではなく、
年を重ねるごとに味が出る、そんな家を実現したいと思っています。
最後に、奥様の特製のジャンボおむすびを頂きました。
美味しかったです!
$リノベーションで北海道の豊かな暮らし-リノベーションの現場、札幌

2010
02/08
札幌、リノベーションの実施設計図で打ち合せ | 北海道スタイル・リノベーション[スロウル]

ブログテーマ:リノベ*02[公園が庭の家]

投稿者:平賀 丈士

札幌の一戸建て中古住宅をリノベーションで再生し、北海道の豊かなライフスタイルを実現するSLOWL[スロウル]
札幌市北区で進行中のリノベーション「公園を庭に持つ家」プロジェクト
森山さんとの打ち合わせでは、機能や用途などを考えながら空間を分けるゾーニングもほぼ終わり、
実施設計図をもとにした具体的な設計に入っています。
リノベーションで北海道の豊かな暮らし-リノベーション実施設計
これまでは、上から下を見下ろす平面図で打ち合わせてきましたが、
今後のステップは、その場所に立った時に前後左右に見える立体的な空間をイメージして、
立面図(りつめんず)を見ながら進めていきます。
リノベーションで北海道の豊かな暮らし-リノベーション実施設計
このオーダーキッチンのカウンターの高さは、奥さまに合わせて○○cmにしています。
そしてこのロフト空間は、ちょうどこのくらいの高さで・・・
森山家の3人兄弟の一番下の男の子も、メジャーを持って参加です!
$リノベーションで北海道の豊かな暮らし-リノベーション、実施設計図
こうして具体的に実施設計を行いながら、並行して施工業者の見積もりも依頼中です。
予算内でリノベーションを実現するために、打合せはどんどんと佳境に入っていきます
そして、いつものように末っ子の男の子がコーヒー豆を挽いてくれます。
ガリガリガリ・・
$リノベーションで北海道の豊かな暮らし-コーヒー
奥さまの手作りお菓子も!
リノベーションで北海道の豊かな暮らし-コーヒー
おいしかったです、ごちそうさまでした。

2010
01/18
札幌、リノベーションプランも折り返し地点 | 北海道スタイル・リノベーション[スロウル]

ブログテーマ:リノベ*02[公園が庭の家]

投稿者:平賀 丈士

札幌で一戸建てをリノベーションして、北海道の豊かなライフスタイルを実現するSLOWL[スロウル]
公園の広がりをまるで家の庭のように取り込む、スロウルの一戸建てリノベーションプロジェクト
片流れの「まねき屋根」はとても懐かしくて愛らしい、昔ながらの三角屋根の家です。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らし-札幌のリノベーション住宅
そんな苦労の結晶がこの平面図。森山さんご夫婦の鉛筆の跡がいっぱいです。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らし-リノベーションプラン平面図
まず、一番のネックとなったのが、階段とトイレ・洗面室の間にある廊下です。
というのも、この家の床面積は3階のロフトを除くと90平米(27坪)ほどしか確保できないため、
ご夫婦、お子さん3人、おばあちゃんの6人家族にとっては、決して広い空間とは言えません。
そんな貴重なスペースの中に、通路のためだけの空間が占有するような間取りは、何とか避けたいと知恵を絞りました。
いわゆる狭小住宅では、無駄なスペースを省略するだけでなく、
「いくつかの機能を兼用する」というテクニックが必要になってきます。
例えばホテルの一室のように、
「トイレ」と「洗面室」という2つの機能をそれぞれの個室に分けるのではなく、
1つの空間で兼用するような間取りも参考になります。
この問題解決の糸口となったのは、奥さまが収集されていた雑誌のスクラップでした。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らし-ウォークスルークローゼット
「ウォークスルー・クローゼット」です。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らし-ウォークスルークローゼット
ウォークイン・クローゼットでは、洋服を出し入れする時にしか使われない通路が生まれますが、
このウォークスルー・クローゼットは、廊下とクローゼットの2つの機能を兼用する間取りのため、
限られた空間を合理的に活用することができます。
通常、この通路は寝室のメインの出入り口とは別のサブとして備えられることが多いと思いますが、
今回はあえて、夫婦の寝室やバスルームに続く唯一の廊下をクローゼットと兼用します。
実は、廊下とクローゼットの2つの機能だけでなく、洗濯機や室内洗濯物干し場などの
ユーティリティも合わせて、3~4つの機能を兼用することになりそうです。
この場合、クローゼットと洗濯物干し場が隣り合うため、湿気などの処理は十分にケアします。
ここは一級建築士の腕の見せ所です。
早速、そのアイデアを生かして、建築士がその場で平面図を書き上げていきます。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らし-リノベーションプラン平面図
お風呂の入り口と洗面室は一番奥(平面図の右奥)に配置し、階段下の狭いスペースは洗濯機置き場に、
トイレとお風呂の間の洗面室があったスペースを、大容量のファミリークローゼットに変更しました。
以前から奥さんは、洗濯物が乾いたらそのままハンガーごとバサッと移動できるような
家族共同のファミリークローゼットが欲しいとおっしゃっていました。
これで、森山さんの理想の暮らしを実現する、より魅力的なリノベーションプランになったようです。
最後に、奥さま手作りの手作りプリンを頂きました。
牛乳のプリンに、黒豆の煮汁のソースが添えられ、とても美味しいかったです。
そして、いつものように旦那さまが豆から挽いてくださったコーヒーも最高です。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らし-コーヒーとプリン
ごちそうさまでした。

2010
01/07
札幌の一戸建てリノベーション物件でプランの確認 | 北海道スタイル・リノベーション[スロウル]

ブログテーマ:リノベ*02[公園が庭の家]

投稿者:平賀 丈士

札幌の一戸建て住宅をリノベーションして、北海道の豊かなライフスタイルを実現するSLOWL[スロウル]
スロウルによるリノベーションプロジェクト「公園を庭に持つ家」
$リノベーションで北海道の豊かな暮らし-札幌のリノベ対象物件でプラン確認
ラフプランの図面を一緒に確認しながら、
実際にどのような空間構成になるか、実物大でイメージしていきます。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らし-札幌のリノベ対象物件でプラン確認
建築士「1階のこのあたりがおばあちゃんの部屋です、こちらはお子さんの部屋ですね」
森山さん「結構広いですね、このあたりは子供部屋の通路になるんですね」
$リノベーションで北海道の豊かな暮らし-札幌のリノベ対象物件でプラン確認
建築士「玄関の土間は、今より縦に広くなる予定です」
森山さん「縦長な空間になるので、少し圧迫感があるでしょうか?」
建築士「そうですね、ただ、玄関横のウォークインクローゼットの間仕切りを工夫すれば
    圧迫感はある程度解消できると思います、考えてみますね」
$リノベーションで北海道の豊かな暮らし-札幌のリノベ対象物件でプラン確認
建築士「階段のこの辺りまで2階の床を延長します、ここなら大丈夫ですよね?」
森山さん「なるほど、階段も緩やかになるので、この位置なら頭もぶつからず大丈夫だと思います」
こんな風に、スロウルの打合せは、既存住宅のリノベーションという特徴を生かして、
現地でしっかりと説明します。
新築住宅のように、図面や家の模型だけでプランを進めてしまうと、
完成した後で「あれ?思ったより狭いね、イメージと違うなぁ」ということがよくあるんです。
スロウルのリノベーションでは、そういった失敗がないよう工夫して進めます。
ちなみに、この日は事前に3時間もかけて建築士が物件を測定しましたので、
次回の打合せでは、その正確な寸法をもとに、より詳しい立体的な図面を作り上げます。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らし-札幌のリノベ対象物件でプラン確認
それでは、次回もお楽しみに。

2009
12/22
「スロウルの家」でプラン打合せ | 北海道スタイル・リノベーション[スロウル]

ブログテーマ:リノベ*02[公園が庭の家]

投稿者:平賀 丈士

札幌の一戸建て中古住宅をリノベーションして、北海道の豊かなライフスタイルを実現するSLOWL[スロウル]
リノベ第二弾、札幌市北区の「公園を庭に持つ家」のラフプラン打合せ、
今回は、見学会を終えたばかりの「スロウルの家」で行いました。
あらためて、森山さんと一緒にスロウルの家の雰囲気を確認しながら空間デザインを進めることで、
理想のイメージがより鮮明になっていきます。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らしを実現したい!-ラフプラン打合せ
一級建築士船坂と、森山さんご夫婦
平面図は、前回の要望を受けてA案からB案にバージョンアップしています。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らしを実現したい!-ラフプラン平面図
2階は、ダイニングテーブルと一体化したアイランドキッチンに変更し、
奥さまのリクエストを受けて、キッチンの壁面収納を一面にたっぷりと確保しています。
ダイニングテーブルをキッチン側に移動した分、リビングは10帖程のまとまった広い空間になりました。
そして、男の子3人の寝室は3階のロフトから1階に移動、
まるで寝台車のように2段ベットを組み合わせ、あえて寝るだけの場所になるよう工夫しています。
これも、森山さん流の「引きこもり防止対策」です。
こうして、森山さんの理想の暮らしへと、どんどん生まれ変わっていきます。
次回は、リノベ対象の中古物件に足を運んで、現地での確認を行う予定です。
どうぞお楽しみに。

 
スロウルブログ
北海道スタイルの暮らしを追い求めるスロウルのブログです。

家日和
週末、出かけたく”なくなる”、 家日和(いえびより)なライフスタイルのご提案。

Copyright (c) Slowl All Rights Reserved.