Blog SLOWLブログ

 

リノベ*01[薪ストーブのある三角の家]

2009
08/21
木製サッシと床の色 | 札幌・百合が原公園×リノベーション(中古住宅再生)

ブログテーマ:リノベ*01[薪ストーブのある三角の家]

投稿者:平賀 丈士

スロウルによる、札幌で中古住宅を再生するリノベーションプロジェクト。
今日は百合が原公園の家のリノベーション打ち合せ、
まずサッシの色決めです。
今回こだわって使用する「木製サッシ」は、良く見かけるアルミサッシや樹脂サッシとはまた違う、とても良い雰囲気を演出してくれます。北海道の家にはピッタリだと思います!(参考:人にも環境にもやさしい木製サッシ
地産地消を心がけ、札幌木工センターで製作します。
ちょっと日当りが悪くて分かりづらいですが、右の方が黄色を多く入れています。
リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-木製サッシと床の色1
あまり黄色を入れすぎるとコテコテした雰囲気になってしまうので、今回は風合いの良い左を選択しました。(写真では少し暗い色に見えますが、実際はもう少し茶色がかってます)
次は無垢フローリングの色決めです。
こちらも、地産地消にこだわって道産の白樺を使います。
過剰に密集する森を間伐した木材を利用するため、不用意な森林伐採は行いません。むしろ、適度に間伐する事で日当りが良くなり、健康的な木が多く育ちます。
茶色が多め、でも木の風合いを活かすため、だいぶ薄く塗っています。
リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-木製サッシと床の色2
こちらは黒色を多く混ぜたもの、モダンな感じになりますね。
リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-木製サッシと床の色3
今回は前者の方を選択しました。暖かい雰囲気の部屋になると思います。
その後、間取りの微調整や工事の進捗報告を行いました。(写真は一級建築士 船坂大樹)
リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-木製サッシと床の色4
今のところ、とても順調に進んでいます!
今回、施工業者のアイデアで、屋根裏の収納を増やしてもらう事になりました。
秘密基地のような部屋ができますので、ちびっ子はきっと大喜びだと思います!
お楽しみに。。

2009
08/18
スケルトン | 札幌・百合が原公園×リノベーション(中古住宅再生)

ブログテーマ:リノベ*01[薪ストーブのある三角の家]

投稿者:平賀 丈士

posted by 一級建築士 船坂大樹
札幌で中古住宅を再生するリノベーションプロジェクトの現場からです。
お盆休みはいかがでしたか?今日からリノベーションの再開です。
休み前から徐々に進んでいる解体作業により建物の内部もだいぶ見えてきました。
リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-スケルトン1
コンクリートブロックの美しい壁が見えてくると、完成への想像と期待がが膨らみわくわくしますね。ブロックもきれいに積んであり、湿気もほとんど出ておらず良い状態です。
2階の天井は既にはがされており、小断面材の小屋組(屋根の積雪荷重等の荷重を柱や壁に伝える骨組のこと)が見え、その連続がとてもきれいです。
暖かい家にするために屋根にもしっかりと断熱材を入れなければならないので、すべての骨組みを見える形にするのは難しいのですが、施工業者と相談し、なんとかこの構造美を活かす事が出来そうです。
リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-スケルトン2

2009
08/18
屋根と外壁の色を検討 | 札幌・百合が原公園×リノベーション(中古住宅再生)

ブログテーマ:リノベ*01[薪ストーブのある三角の家]

投稿者:平賀 丈士

スロウルによる、札幌で中古住宅を再生するリノベーションプロジェクト。
工事も順調に進んでおります。
屋根の色ひとつで雰囲気がガラッと変わってしまうので、これは悩みますね。
シンプルで外れがなさそうなのはグレーでしょうか、
でも、グリーンのナチュラル感も捨てがたい、
ワインレッドも良いかも? 本当に迷います。。
さて皆さんは、どれがお好きでしょうか? 清き一票を!
1.グレーの屋根に、黄色い煙突と、レンガ色の煙突
リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-屋根の色1-2リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-屋根の色1-1
2.ダークグリーンの屋根に、黄色い煙突と、レンガ色の煙突
リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-屋根の色2-2リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-屋根の色2-1
3.ワインレッドの屋根に、黄色い煙突と、レンガ色の煙突
リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-屋根の色3-2リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-屋根の色3-1

2009
08/13
劇的!ビフォーアフター | 札幌・百合が原公園×リノベーション(中古住宅再生)

ブログテーマ:リノベ*01[薪ストーブのある三角の家]

投稿者:平賀 丈士

posted by 一級建築士 船坂大樹
札幌で中古住宅を再生するリノベーションプロジェクトの現場からです。
某テレビ番組の様にさっそく解体が始まりました。といってもまずは調査のために慎重に窓周りから開いてみました。
リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-解体
と、いきなりトラブルが!!!
解体してみたら『あら~っ!』という事が、リノベーションにはつきもの。窓周りを開いたら案の定。サッシ屋さん、外壁屋さんも含めいろいろ検討した結果想定内の納まりになりそうです。
次に、床を一部はがしてみたところ今度は想定していた状況よりも、とても良い状態。とても築40年余の物件とは思えないほどきれいな状態でした。
畳をはがしたら、私とクライアントの産まれた年の新聞が出てきました。クライアントが『なんだかこの物件と運命感じるね~』と・・・。
リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-新聞紙

2009
08/13
一戸建てリノベーション、始めました | 札幌・百合が原公園×リノベーション(中古住宅再生)

ブログテーマ:リノベ*01[薪ストーブのある三角の家]

投稿者:平賀 丈士

リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-第一弾
スロウルによる、札幌で中古住宅を再生するリノベーションプロジェクト。
第一弾は、百合が原公園の一戸建てです。
どこか懐かし~い、三角屋根で煙突のある家。かわいいですね。
8月6日からスタートしたリノベーション工事は、
約1ヶ月半をかけて劇的に変わっていく様子を日々ブログでご紹介します!
リノベーションのコンセプトは「スローライフ」
まさに、スロウル=Slow Life を形にする最初の家となります。
 「家庭菜園で穫れた美味しい野菜たっぷりのカレーを食べたい」
 「週末は友達を招いて、庭のウッドデッキでバーベキューをしよう」
 「かわいい愛犬もお気に入りの広~いお庭」
 「まだ小さい子供は、音を気にせずのびのびと育てたい」
 「無垢のフローリングで本物の木の温もりと香りを感じられる」
 「冬は薪ストーブにゆれる炎を眺めながら挽きたてのコーヒーを味わう」
そんな、北海道らしい理想のライフスタイルが実現できる家・・、ワクワクしませんか?
本当の幸せとは何かを考え続けてたどり着いた「スローライフ」というコンセプトをもとに、
スロウルの家が生まれようとしています。

 
スロウルブログ
北海道スタイルの暮らしを追い求めるスロウルのブログです。

家日和
週末、出かけたく”なくなる”、 家日和(いえびより)なライフスタイルのご提案。

Copyright (c) Slowl All Rights Reserved.