Blog SLOWLブログ

 

リノベ*01[薪ストーブのある三角の家]

2009
08/29
玄関の土間 | 札幌・百合が原公園×リノベーション(中古住宅再生)

ブログテーマ:リノベ*01[薪ストーブのある三角の家]

投稿者:平賀 丈士

スロウルによる、札幌で中古住宅を再生するリノベーションプロジェクト。
二階から吹き抜けとなる玄関を見下ろしたところです。
玄関にはコンクリートを流し込んで施行するため、鉄筋を配置していきます。
リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-玄関土間1
鉄筋とコンクリートを一体化させることで、引っ張る力に弱いコンクリートを補強します。
モルタル仕上げで風合いのある玄関を作ります。

2009
08/28
外壁のテクスチャ | 札幌・百合が原公園×リノベーション(中古住宅再生)

ブログテーマ:リノベ*01[薪ストーブのある三角の家]

投稿者:平賀 丈士

スロウルによる、札幌で中古住宅を再生するリノベーションプロジェクト、順調に進んでおります。
今日の検討項目は「外壁のテクスチャ」です。
仕上げ材としてセメントフリー仕上げプラスターを使用するため、珪藻土や漆喰のように左官仕上げで質感の良い壁を創り出す事ができます。
リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-外壁1
この風合いは、単純に外壁サイディングを張り直すだけの低コストな手法では実現できないのです。
ナチュラルな風合いを演出するテクスチャを選びます。外壁の色合は、写真のサンプルよりも暖かみのあるやさしい色に変更します。
屋根のラインに沿って破風板が施行され、新たに補強される外壁の内側に雨や雪が入り込まないように守ってくれます。
リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-破風板
新しい外壁を設置するために、基礎の周りを掘り起こしています。
リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-基礎
地表の目に見える壁の部分だけに手を加えるというのでは、壁の下の基礎の部分から内側の床下に冷気が伝わり、そこから暖かい部屋の熱が奪われてしまうのです。
こういった目に見えない箇所もキッチリ処理することで、省エネルギーな暖かい家に生まれ変わります。

2009
08/27
ブロック目地の補修 | 札幌・百合が原公園×リノベーション(中古住宅再生)

ブログテーマ:リノベ*01[薪ストーブのある三角の家]

投稿者:平賀 丈士

posted by 一級建築士 船坂大樹
札幌で中古住宅を再生するリノベーションプロジェクトの現場からです。
工期が短くめまぐるしく現場が動くため、ほぼ毎日の様に現場に通っています。
今日は大工さんの他に、設備屋さん(電気配線等の設備取り付け)と、左官屋さん(コンクリートの補修)が入っていました。
リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-ブロック目地の補修1
建築当時は、ブロックを表す(内壁としてむきだしで露出させる)前提でブロックを積んでいないため、部分的にはきれいに積み上がっていない部分もあります。
また、釘等を抜いたときにブロックが痛む事もあるため、その部分を1カ所ずつ丁寧に補修していきます。
ただ、全てをコテで押さえてしまうとブロックの荒々しい良さがかけてしまうため、その頃合い加減が重要です。
やりすぎずやらなさすぎず・・・。頃合いを見ながら仕上げていきます。
こういう小さな手間を積み重ねることで、理想とする「古さを活かした」リノベーションの家が生み出されます。
リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-ブロック目地の補修2
設備屋さんは、写真を撮ろうとしたら隠れてしまいました。シャイな方なのですね。

2009
08/22
現場の壁面 | 札幌・百合が原公園×リノベーション(中古住宅再生)

ブログテーマ:リノベ*01[薪ストーブのある三角の家]

投稿者:平賀 丈士

posted by 一級建築士 船坂大樹
札幌で中古住宅を再生するリノベーションプロジェクトの現場からです。
百合が原公園の家の壁面です。
きれいに積み上がったコンクリートブロックの壁面です。
リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-壁1
このあと余分な釘や汚れを取り除き、部分的に目地やブロック面を補修し、ペンキを塗って仕上げます。
そのまま素地を表すのも力強くてよいのかもしれませんが、明るい雰囲気を演出するため白く塗装する事としました。
現場では、図面では表せなかった事やその場で判断しなければいけない事、様々な打ち合わせが行われます。
最終的に仕上がり隠れてしまう壁や、リノベーションで撤去されてしまう壁には、その場で納まり等のスケッチを書いたり数量をメモしたりと様々な『イタズラ書き』があります。
皆さんのお住まいのその部屋の壁の中にも、もしかしたら隠れているかもしれませんね。
リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-壁メモ

2009
08/21
床下の防湿処理 | 札幌・百合が原公園×リノベーション(中古住宅再生)

ブログテーマ:リノベ*01[薪ストーブのある三角の家]

投稿者:平賀 丈士

posted by 一級建築士 船坂大樹
札幌で中古住宅を再生するリノベーションプロジェクトの現場からです。
いよいよリノベーション工事が本格化してきました。
さっそく床下の防湿処理として防湿フィルムを敷き込み、明日乾燥砂を入れる作業です。
リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-床下1
札幌は久々に夏の天気が回復し2時の最高気温29.7℃を記録する暑さの中、職人さんが汗だくになりながら作業をされていました。
リノベーションという事で十分な作業スペースを確保する事が出来ず、狭い空間に体を入れ込み上手に敷き込んでいました。
リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-床下2
この暑さの中本当に頭の下がる思いです。職人さんに感謝します。

 
スロウルブログ
北海道スタイルの暮らしを追い求めるスロウルのブログです。

家日和
週末、出かけたく”なくなる”、 家日和(いえびより)なライフスタイルのご提案。

Copyright (c) Slowl All Rights Reserved.