Blog SLOWLブログ

 

未分類

2014
03/17
廃校になった小学校をリノベーション

ブログテーマ:未分類

投稿者:平賀 丈士

 

北広島市の廃校になった小学校校舎を、福祉施設にリノベーションするという一大プロジェクトのオープニングセレモニーが開催されました。

北広島団地 地域サポートセンター ともに

 

実は、主催者の社会福祉法人 北海長正会は父が理事を務めさせて頂いておりますので、今回ぜひブログでご紹介させていただきたいと思います。(スロウルがリノベーションしたわけではありませんので…。)

 

このような取り組みには長年の思いを注ぎ込んでいるのですが、ここまで大きな施設を福祉施設に再利用するのは、全国的にもモデルケースとなるような新しい試みなのだそうです。

北広島団地地域サポートセンターともに

北海長正会は、廃校になった校舎をどう再利用するかというコンペで勝ち抜き、校舎や体育館そして運動場が北広島市から無償で貸与されました。

官から民に丸投げされて終わるという事態を防ぐために、ただ福祉施設というハコモノを作るという事ではなく、とにかく地域の方々と「ともに」運営していく仕組みが大切なのだそうです。

 

こういった施設やコミュニティーの必要性を議論する際には、よく「地域との連携が大事だ」と語られますが、口では簡単でも、実際に運用を成功させるのはかなり難しく、いかに地域の方々が参加しやすい仕組みを作るかがポイントだといいます。北広島リハビリセンターでの運営ノウハウも活かされているそうです。

北広島団地地域サポートセンターともに 案内図

公式ブログの方で大きい見取り図が見られます

2つのグループホーム、介護付きマンション、そしてデイサービス施設、それ以外に複数の活動室や体育館は地域に開放され、みなさんの交流の場となるよう工夫されています。

 

他の地域の子供たちも利用できるよう、体育館はスポーツ研修施設としても利用でき、シャワー室なども完備しています。

 

また、今まで慣れ親しんだ小学校の精神を大切にするために、玄関には緑陽小学校の校歌が掲げられ、体育館には校章がそのまま残されています。

 

少子化で廃校になってしまった校舎も、取り壊されずにこのような形で地域の方々が利用できる場に生まれ変わったということは、とても意義があると感じました。

 

ここでは90名ものスタッフが入居者の方々のために昼夜交代で勤務されるそうで、今も運営開始の日まで研修に励んでいるそうですが、地域に仕事を作り出す効果もありました。

職員や市民ボランティアも募集していて、とにかく継続的に地域の方々とともに運営しなければ意味がないそうです。

 

 

日曜には体育館でオープニングセレモニーが開かれ、以前この小学校に通っていた生徒のみんなの歌と踊りで盛り上がりました。IMG_0422

 

和太鼓も体育館に響き渡ります。IMG_0423

会場には、近隣の方々を中心に500名以上が集まり、予想を上回る大反響で、関係者の方々も大変喜んでいらっしゃいました。

北広島市長や北広島市役所と道庁の方々も招待されていました。

 

セレモニーの後は施設の見学会も開かれ、皆さん興味津々でした。

IMG_0428

 

IMG_0430

介護付きマンションの方は、ご夫婦で入居できる広めの部屋と、お一人用の小さめな部屋があり、3食食事つきで月十数万円とのことです。グループホームとは廊下でつながっていますが、マンションの玄関はICカードのオートロックになっていて、徘徊する老人が間違って中に入れないようになっています。

 

この間取りは、例えば旦那さんは普通に生活できるけど、奥さんは認知症になってしまった場合、奥さんはグループホームで手厚く介護してもらって、旦那さんは廊下の向こうの介護付きマンションの方である程度自立した生活を送るという事もできますので、とても良いですよね。

IMG_0426

左右対称に配置された2つのグループホームは、それぞれ9つの部屋の中心に開放的な食堂がありますが、キッチンはただスタッフが食事を作って配膳するのではなく、入居者の方も自由に入って料理に参加できるようになっています。

 

 

札幌市のベットタウンとして栄えてきた北広島市

特にこの施設がある団地地区は65歳以上の高齢者が30%を超えているそうで、過疎化が課題になっています。

 

廃校になった小学校を、地域のコミュニティーセンターに再利用するというこの試み、ぜひ全国へのモデルケースになって、地域活性化のヒントになるといいですね。

 

 

 

 

 

 

2010
02/19
札幌の新築住宅プランニング、予算との戦い | 北海道スタイル・リノベーション[スロウル]

ブログテーマ:未分類

投稿者:平賀 丈士

札幌の一戸建て中古住宅をリノベーションで再生し、北海道の豊かなライフスタイルを実現するSLOWL[スロウル]
スロウルは今「ローコストの狭小住宅」限定ですが、新築住宅のプランニングに挑んでいます。
見学会を終えた「スロウルの家」で、依頼のあったお客様に新築プランをご説明しました。
リノベーションで北海道の豊かな暮らし-スロウルの新築住宅
まずは、第一弾となるA案です。
リノベーションで北海道の豊かな暮らし-スロウルの新築住宅
建物の予算は設計料を含めて1400万円以下、コンパクトでかわいい家になりました。
リノベーションで北海道の豊かな暮らし-スロウルの新築住宅
床面積は72m2(22坪)、マンションで言うと3LDKくらいでしょうか。
1階がリビング・ダイニング・キッチン、そして半地下に寝室とユーティリティを配置しています。
リノベーションで北海道の豊かな暮らし-スロウルの新築住宅
お客様から「22坪って、思った以上にコンパクトなんですねー!」というご感想が。。
そうなんです、新築は基礎工事などでリノベーションよりコストが掛かるため、
どうしてもこの大きさになってしまいます。
現在4LDK(30坪)のマンションにお住まいということもあり、少々抵抗があるそうです。
22坪とはいえ、必要な機能をきっちり組み込んだ完成度の高い住宅に仕上がっていますが、
まだまだ試行錯誤が続きそうです。
こんな風にリノベーションのみならず新築でも、スロウルのローコストへの挑戦は続きます。

2010
02/05
リノベーション住宅と新築住宅の費用比較 | 北海道スタイル・リノベーション[スロウル]

ブログテーマ:未分類

投稿者:平賀 丈士

札幌の一戸建て中古住宅をリノベーションで再生し、北海道の豊かなライフスタイルを実現するSLOWL[スロウル]
今回、スロウルに依頼を下さったお客さまのために、新築住宅の検討を進めています。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らし-スロウルの新築
スロウルは、土地と建物の合計で2000万円前後の予算の範囲であっても、
こだわりある北海道の豊かな暮らしを実現します。
それを叶える手段として、中古住宅を再生するリノベーションに取り組んでいます。
そんなスロウルが、なぜ新築の一戸建て住宅を検討しているのか?
今回のお客様は、ご夫婦二人とワンちゃんとの3人暮らし、
そのため、建物をできるだけ小さく設計することで建築コストを下げ、
土地建物合計で2000万円以内を目指すという試みなのです。
新築の注文住宅の場合、スロウルの家のグレードでは坪あたり50~60万円かかりますので、
35坪の家を建てるなら、建物だけで1750万円~2100万円が必要となります。
さらに、市内の土地(例えば1000万円)と合計すると、総費用は3000万円程になります。
もし建物の大きさが25坪とコンパクトなら、建築費用は単純計算で1250~1500万円となりますが、
実際には建物が小さくても建築の手間は大きく変わらないため、コストはもっと割高になるのです。
そのため、今回のケースはリノベーションよりもさらにハードルの高い、
チャレンジングなプロジェクトになるかもしれません。
しかし、マイホームの夢をあきらめていたお客様が理想の暮らしを実現するためにも、
そして、お客様の選択肢をもっと広げるためにも、スロウルは挑戦したいと思っています。
参考まで、『住宅ローンについて』
もし下記のように2000万円で住宅ローンを組んだ場合、
毎月の返済額は80,067円となります。
借入金額 2000万円
返済期間 30年
固定金利 2.6%
ボーナス払い 無し
しかし、これが3000万円の借入ならば、当然1.5倍の120,101円となってしまいます。
立地にもよりますが、例えば札幌市内で4LDKの中古マンションを賃貸する場合、
家賃と駐車場代を合わせると平均して8万円前後になると思います。
スロウルのリノベーション住宅が、土地建物合計で2000万円以内を実現すれば、
ボーナス払い無しの住宅ローンを組んでも、4LDK の家賃と同じくらいの返済額に抑えられる。
これなら家計の負担を増やさずに、環境的にも精神的にも豊かな暮らしを実現できると思っています。

2010
01/22
リノベーション診断で札幌の一戸建て物件を調査 | 北海道スタイル・リノベーション[スロウル]

ブログテーマ:未分類

投稿者:平賀 丈士

札幌で一戸建てをリノベーションして、北海道の豊かなライフスタイルを実現するSLOWL[スロウル]
この1週間、札幌もすごい雪ですね。本格的に寒くなってきました。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らし-札幌、リノベーション診断
マンション派だったという奥さまが「スロウルの家」に出会ってとても感動し、
一戸建てならぜひスロウルにお願いしたい! という大変嬉しいご相談を頂きました。
どうもありがとうございます。
週末に、そのお客さまと共に札幌市北区で2件の中古住宅をリノベーション診断しました。
まずは、築40年でコンクリートブロック造と鉄骨という組み合わせのハイブリッドな構造。
価格は驚くことに、JR駅徒歩20分以内で土地面積70坪なのに、580万円です。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らし-札幌、リノベーション診断
床下は傷んでおらず問題なさそうです。
湿気や浸水で土台が腐食していると、修繕コストがかさんでしまうので一安心です。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らし-札幌、リノベーション診断
2階から見える見晴らしの良い風景、日当たりも良くていいですね。理想的です。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らし-札幌、リノベーション診断
しかし、奥さまはやはり「スロウルの家のように、かわいい三角屋根がいい!」ということで、
次は、住宅生協により建てられた築30年の三角屋根の家へ。
こちらの価格は890万円。先ほどの物件と比べてしまうと高く感じてしまいます。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らし-札幌、リノベーション診断
この家は床面積が130平米と広く、2階も十分に部屋が確保できそう。
ご家族の多い方には良いかもしれません。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らし-札幌、リノベーション診断
小川に面しているので、新しく窓を設ければ庭のように緑豊かな借景もできます。

特に2件目は、まだまだ値下げ交渉の余地がありそうです。
私に任せてもらえるなら、お客さんのために思い切って200万円引きで交渉すると思います。
不動産屋さんは腰を抜かすかもしれません。。

2010
01/13
札幌のリノベーション対象物件を診断 | 北海道スタイル・リノベーション[スロウル]

ブログテーマ:未分類

投稿者:平賀 丈士

札幌の中古住宅をリノベーションして、北海道の豊かなライフスタイルを実現するSLOWL[スロウル]
北海道への移住を希望されているお客さんから、
スロウルにリノベーション対象物件の調査依頼を頂きました。
薪ストーブのあるスロウルの家が、理想の北海道暮らしにぴったりだったそうです。
大変うれしいです。ありがとうございます。
2件ほど調査しましたが、次の物件はお客さんの購入対象ではないため、ご紹介します。
市内の地下鉄駅から徒歩20分程の場所に位置する、ブロック造の一戸建て住宅です。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らし-リノベーション候補物件
地下鉄徒歩圏に1千万円を切るリノベーション向き物件を見つけることはなかなか難しいですね。
この物件はその条件をなんとかクリアしています。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らし-リノベーション対象物件
1階は、10帖ほどのリビングダイニングキッチン、6帖の和室、3帖の和室です。
ユニークな木の手すりのついた階段を上ると、
$リノベーションで北海道の豊かな暮らし-リノベーション対象物件
2階には、5帖ほどの部屋が3つありました。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らし-リノベーション候補物件
思ったよりも広いです。
$リノベーションで北海道の豊かな暮らし-リノベーション対象物件
構造的にも、今月も見学会が予定されているスロウルの家にかなり近い形でリノベーション出来ると思います。
きれいに生まれ変わる姿を想像すると、ワクワクしますね。

 
スロウルブログ
北海道スタイルの暮らしを追い求めるスロウルのブログです。

家日和
週末、出かけたく”なくなる”、 家日和(いえびより)なライフスタイルのご提案。

Copyright (c) Slowl All Rights Reserved.