Blog SLOWLブログ

 

リノベ*01[薪ストーブのある三角の家]

2009
08/22
現場の壁面 | 札幌・百合が原公園×リノベーション(中古住宅再生)

ブログテーマ:リノベ*01[薪ストーブのある三角の家]

投稿者:平賀 丈士

posted by 一級建築士 船坂大樹
札幌で中古住宅を再生するリノベーションプロジェクトの現場からです。
百合が原公園の家の壁面です。
きれいに積み上がったコンクリートブロックの壁面です。
リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-壁1
このあと余分な釘や汚れを取り除き、部分的に目地やブロック面を補修し、ペンキを塗って仕上げます。
そのまま素地を表すのも力強くてよいのかもしれませんが、明るい雰囲気を演出するため白く塗装する事としました。
現場では、図面では表せなかった事やその場で判断しなければいけない事、様々な打ち合わせが行われます。
最終的に仕上がり隠れてしまう壁や、リノベーションで撤去されてしまう壁には、その場で納まり等のスケッチを書いたり数量をメモしたりと様々な『イタズラ書き』があります。
皆さんのお住まいのその部屋の壁の中にも、もしかしたら隠れているかもしれませんね。
リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-壁メモ

2009
08/21
床下の防湿処理 | 札幌・百合が原公園×リノベーション(中古住宅再生)

ブログテーマ:リノベ*01[薪ストーブのある三角の家]

投稿者:平賀 丈士

posted by 一級建築士 船坂大樹
札幌で中古住宅を再生するリノベーションプロジェクトの現場からです。
いよいよリノベーション工事が本格化してきました。
さっそく床下の防湿処理として防湿フィルムを敷き込み、明日乾燥砂を入れる作業です。
リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-床下1
札幌は久々に夏の天気が回復し2時の最高気温29.7℃を記録する暑さの中、職人さんが汗だくになりながら作業をされていました。
リノベーションという事で十分な作業スペースを確保する事が出来ず、狭い空間に体を入れ込み上手に敷き込んでいました。
リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-床下2
この暑さの中本当に頭の下がる思いです。職人さんに感謝します。

2009
08/21
木製サッシと床の色 | 札幌・百合が原公園×リノベーション(中古住宅再生)

ブログテーマ:リノベ*01[薪ストーブのある三角の家]

投稿者:平賀 丈士

スロウルによる、札幌で中古住宅を再生するリノベーションプロジェクト。
今日は百合が原公園の家のリノベーション打ち合せ、
まずサッシの色決めです。
今回こだわって使用する「木製サッシ」は、良く見かけるアルミサッシや樹脂サッシとはまた違う、とても良い雰囲気を演出してくれます。北海道の家にはピッタリだと思います!(参考:人にも環境にもやさしい木製サッシ
地産地消を心がけ、札幌木工センターで製作します。
ちょっと日当りが悪くて分かりづらいですが、右の方が黄色を多く入れています。
リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-木製サッシと床の色1
あまり黄色を入れすぎるとコテコテした雰囲気になってしまうので、今回は風合いの良い左を選択しました。(写真では少し暗い色に見えますが、実際はもう少し茶色がかってます)
次は無垢フローリングの色決めです。
こちらも、地産地消にこだわって道産の白樺を使います。
過剰に密集する森を間伐した木材を利用するため、不用意な森林伐採は行いません。むしろ、適度に間伐する事で日当りが良くなり、健康的な木が多く育ちます。
茶色が多め、でも木の風合いを活かすため、だいぶ薄く塗っています。
リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-木製サッシと床の色2
こちらは黒色を多く混ぜたもの、モダンな感じになりますね。
リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-木製サッシと床の色3
今回は前者の方を選択しました。暖かい雰囲気の部屋になると思います。
その後、間取りの微調整や工事の進捗報告を行いました。(写真は一級建築士 船坂大樹)
リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-木製サッシと床の色4
今のところ、とても順調に進んでいます!
今回、施工業者のアイデアで、屋根裏の収納を増やしてもらう事になりました。
秘密基地のような部屋ができますので、ちびっ子はきっと大喜びだと思います!
お楽しみに。。

2009
08/18
スケルトン | 札幌・百合が原公園×リノベーション(中古住宅再生)

ブログテーマ:リノベ*01[薪ストーブのある三角の家]

投稿者:平賀 丈士

posted by 一級建築士 船坂大樹
札幌で中古住宅を再生するリノベーションプロジェクトの現場からです。
お盆休みはいかがでしたか?今日からリノベーションの再開です。
休み前から徐々に進んでいる解体作業により建物の内部もだいぶ見えてきました。
リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-スケルトン1
コンクリートブロックの美しい壁が見えてくると、完成への想像と期待がが膨らみわくわくしますね。ブロックもきれいに積んであり、湿気もほとんど出ておらず良い状態です。
2階の天井は既にはがされており、小断面材の小屋組(屋根の積雪荷重等の荷重を柱や壁に伝える骨組のこと)が見え、その連続がとてもきれいです。
暖かい家にするために屋根にもしっかりと断熱材を入れなければならないので、すべての骨組みを見える形にするのは難しいのですが、施工業者と相談し、なんとかこの構造美を活かす事が出来そうです。
リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-スケルトン2

2009
08/18
屋根と外壁の色を検討 | 札幌・百合が原公園×リノベーション(中古住宅再生)

ブログテーマ:リノベ*01[薪ストーブのある三角の家]

投稿者:平賀 丈士

スロウルによる、札幌で中古住宅を再生するリノベーションプロジェクト。
工事も順調に進んでおります。
屋根の色ひとつで雰囲気がガラッと変わってしまうので、これは悩みますね。
シンプルで外れがなさそうなのはグレーでしょうか、
でも、グリーンのナチュラル感も捨てがたい、
ワインレッドも良いかも? 本当に迷います。。
さて皆さんは、どれがお好きでしょうか? 清き一票を!
1.グレーの屋根に、黄色い煙突と、レンガ色の煙突
リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-屋根の色1-2リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-屋根の色1-1
2.ダークグリーンの屋根に、黄色い煙突と、レンガ色の煙突
リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-屋根の色2-2リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-屋根の色2-1
3.ワインレッドの屋根に、黄色い煙突と、レンガ色の煙突
リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-屋根の色3-2リノベーションで心豊かな北海道の暮らしを実現したい!-屋根の色3-1

 
スロウルブログ
北海道スタイルの暮らしを追い求めるスロウルのブログです。

家日和
週末、出かけたく”なくなる”、 家日和(いえびより)なライフスタイルのご提案。

Copyright (c) Slowl All Rights Reserved.