Blog SLOWLブログ

 
2018
04/23
補強コンクリートブロック造のリノベーション検討

ブログテーマ:リノベーションの現場

投稿者:平賀 丈士

 

夕張郡に佇むブロックの家を物件診断(インスペクション)してきました。

築35年ほどの補強コンクリートブロック造、北海道に今も多く残る家です。

もともとは社宅として利用されていたこの長屋。

1世帯当たり60㎡で隣続きの2軒を合わせると120㎡。

お子様のいるご家族には十分な広さになります。

ブロック造の長屋

 

こういう貴重な建物が解体されずに残っていてくれたことがうれしいです。

リノベーションは先代の残してくれた建物をうまく引き継ぎ、新しいライフスタイルを反映して快適な暮らしをスタートする魔法のようなもの。

新築の魅力もありますが、限られた資源を生かすリノベーションは、これからますます中心的なものとなっていくと思います。

 
スロウルブログ
北海道スタイルの暮らしを追い求めるスロウルのブログです。

家日和
週末、出かけたく”なくなる”、 家日和(いえびより)なライフスタイルのご提案。

Copyright (c) Slowl All Rights Reserved.